FC2ブログ

「凹凸」

「正しい日本語」に関心を持つ人は少なからずいるようで、書店に行くと正しい日本語本を良く目にする。
ことばの使い方というのはクイズのように簡単にマルバツの付けられるものではないから、何が正解、何が不正解、と言う知識を羅列されても、何となく満足感が得られるだけで、さして実りのあるものではない。

先日立ち読みしたある本に、「凹凸」を「でこぼこ」と読むのは間違いだ、と書いてあった。
それが必ずしも間違いだ、とは言えないけれども、何しろ書かれている理由が奮っていた。それは、「でこぼこ」なら「凸凹」だと言うのである。
そもそも「凸」は「でこ」とは読まないし、「凹」も「ぼこ」とは読まない。「凹凸(オウトツ)」という漢語に「でこぼこ」という和語を宛てた宛字である。

「蜻」は「とん」とは読まないし「蛉」も「ぼ」とは読まない。けれども、だから「蜻蛉」を「とんぼ」と読むのは間違いだ、ということにはならない。
漢字そのものをどう読むか、ということと、漢字の文字列をどう訓むか、ということとは、まったく別の問題である。

こんな本を読むのは実につまらないけれども、つまらないということがわかるのは、ちょっとだけ楽しい。
「先日」と書いてあるけれども、実は先日ではない。
古いメモを見つけて読み返してみたらそんなに悪くはないんじゃなかろうか、と思ってそのまま貼り付けた。

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://hoshinahouse.blog.fc2.com/tb.php/1365-33540ecf