FC2ブログ

「仇討」

近・現代の文学でも、月の出・入をいい加減に扱っていることはない、 それを理解していると、古典だけではなく近・現代の文学でもより面白く読むことができる、というような趣旨のことを書こうとしていて、読んだことのある、月の出て来そうな作品をいくつか読み返していた、その副産物。
月の描写自体は使えそうだったのだけれども、それ以外で、これは本当に合っているのか? と疑わしいところが出て来た。とはいえ、僕の知識のなさによる誤解だったら恥ずかしいので、間違っているのでは? と大っぴらに書くのは憚られる。
そんなものをここに書き付ける。

赤穂浪士の討入を描いた、直木三十五の「仇討」。

出立の時刻は七つ刻――八時。――今の八時とは時代がちがう。まして雪の夜のもう大河端は人が通らない。(心得)


「七つ刻」というのは史実のとおりらしいのだが、「七つ刻」は本来は4時のはずだ。

降りに降った雪も宵になって止んで、八つをすぎる頃には月さえ出た。丁度十四日という明るい月夜である。(雪明)


「七つ刻」から「八つ」になっているが、この当時の時刻の数え方は、0時を「九つ」として、二時間ごとに数が減って行く。もし2時間後の時刻を表すのであれば、「六つ」でなければならないはずである。
なお、「十四日」の月が出るのは17時過ぎのはずだけれども、この前にずっと雪が降っていて宵になってやんだという描写があるから、これは月の出の描写ではない。

浪士が吉良邸に討ち入った場面。

表門は檜材分厚の扉。掛矢で叩破ろうとすれば凄まじい音がする。その音に起出されて防がれては事面倒である。二挺の梯子が門の右側の塀へ立てかけられる。大高源吾、間十次郎の二人が登って行く。誰も黙して語らない。月は真上に冴亘っていて雪の上へ鮮かな影を落している。(表門)


ここに時間の表現などないだろうと思う勿れ。ここには月が「真上」にあると書いてある。月が「真上」に来るのは月の出の6時間後、17時過ぎに出たのなら、23時過ぎということである。
討入開始が「八時」の2時間後、22時だとすると若干ズレているようにも思うが、多少の誤差は「真上」という表現の許容範囲内だろうから、これについては問題ないだろう。
けれども、全体的に考えて、この作品の時間の経過は不審である。

史実としては、無縁寺(回向院)に到着したのが5時頃、そこから泉岳寺に移動したのが8時頃だと言われているようだ。
作品中にも、浪士一行が泉岳寺に着いたのは、

十五日の朝八時すぎである。(引揚)


と書かれている。
作品中に回向院に着いた時刻は明記されていないけれども、泉岳寺に着いた時刻が史実通りなのだから、回向院に着いた時刻もほぼ史実通りの時刻で想定して良いだろう。
最初に引用した「七つ刻」が仮に「八時」だったとして、「八つ」がその2時間後だったとしても、14日の20時に出立、22時に討入開始、討入後に回向院に着いたのが朝5時ということになる。
両国界隈の地理をご存じない方のために書いておくと、吉良邸から回向院まで、ゆっくり歩いても10分と掛からない。
とすれば、吉良邸での戦闘が、7時間近くも続けられていたということになる。これは、さすがに無理なのではないか。

これはうってつけの材料だ、と喜び勇んで読み返したら、こりゃダメだ、となったという次第。
結局、芥川龍之介の『偸盗』と谷崎潤一郎の『蘆刈』にした。

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://hoshinahouse.blog.fc2.com/tb.php/1363-787b0c11