FC2ブログ

北野神社(文京区春日)

北野神社、通称牛天神。

北野神社

まずは狛丑。

北野神社 北野神社

対になっているし、微妙に阿吽になっている気もするので、撫牛ではなく狛丑と見做す。

以前、フィルムカメラで撮ったもののプリントをスキャンして上げたことがある狛犬。

北野神社 北野神社

その時には製作年の記録が見つからず、適当に「寛政とか文化とか、1800年代初頭の頃」と書いたのだけれども、実際には文化6年(1809)。
珍しくほぼ当たっていた。もっとも、こんな特徴的なもの、外しようもないだろうが…。

北野神社 北野神社

口に朱を入れている狛犬は少なからずあるけれども、建立年月にこんなに誇らしげに朱を入れているのはそうはないだろう。

(SONY Cyber-shot DSC-RX100M3)

北野神社 北野神社

子獅子が乳を飲んでいる、有名な授乳狛犬。

北野神社
北野神社
北野神社

以前は写真を見て「子獅子は1匹」と書いたのだが、実はもう1匹いた。その時は写真を撮っていないのだから、多分気づいていなかったのだろう。
吽行の背にへばりついている子獅子。

北野神社 北野神社
北野神社

一所懸命しがみついている感がなかなか可愛い。

(SONY NEX-6 + Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4)

ふと気になったのだが、獅子の側にいるのは子獅子で間違いないとして、狛犬の側にいるのも子獅子で良いんだろうか?
もっとも、「子犬」じゃ狛犬の子供であることは伝わらないし、第一狛犬は犬じゃない。とはいえ「子狛犬」なんて呼んでいる人は誰もいない。
狛犬の側にいたとしても生んだのは獅子なんだろうから、きっと子獅子で良いんだろう、と、自分で疑問を出しておいて独りで納得して終わる。

[ 2018/10/07 00:00 ] 狛犬 東京/文京 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://hoshinahouse.blog.fc2.com/tb.php/1292-61dc860b