FC2ブログ

「させていただく」

先日、新聞にとある芸能人の婚約発表の記事が載っていた。
知らない人だからさしたる興味はなく、気まぐれで目を通しただけだったのだけれども、記事によればその女性は男性から「プロポーズをしていただき」、「『はい』と返事をさせていただきました」のだそうだ。
一概に「させていただく」撲滅運動を行なうつもりはまったくなく、それも歴とした日本語だとは思うのだけれども、これはやはり気になる「させていただく」である。
大監督から映画出演のオファーを受けたのなら「『はい』と返事をさせていただ」いて良いと思うのだけれども、婚約者は身内である。この「させていただく」には、「お父さんに教えていただきました」というのと同じくらいの気持ち悪さがある。
…と、書いて来て、ふと「させていただく」が謙譲表現ではなく丁寧表現に変化して来ているのかもしれないと気が付いた。

ところで、「お風呂をいただきます」というような言い方が丁寧語と説明されることがある。けれども、これは本来的には違うだろうと思う。
戦前の家庭で父親が娘に対してそう言うことはなかったはずで、妻や子供が家長に対して使うのが普通だったろう。
家は家長の物だから、それを使う時に謙譲するのである。あるいは、人の家に来て風呂を借りる時に風呂の持ち主たる相手を敬ってそう言うのである。あるいは、知人と温泉に来て自分が入ろうとする時に相手に配慮してそう言うのである。
いずれも、相手を立てるために自分がへりくだる「謙譲」の表現である。
それが、話題の対象(芸能人と婚約者)とは関係なく、聞き手に対する純粋な丁寧表現に変化したのが、昨今の「させていただく」なのではなかろうか。
「返事しました」では丁寧さの度合いが足りないと感じられるようになって来て(これを「言葉の擦り減り」と言う)、新たな丁寧表現が生まれたということなのかもしれない。

どんな記事でも読んでみるものだ。
僕はまだ認めないけどね。

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://hoshinahouse.blog.fc2.com/tb.php/1277-370369ea