FC2ブログ

『広辞苑 第七版』

広辞苑、誤り指摘の「LGBT」などを訂正 HPに掲載

 岩波書店は25日、10年ぶりに改訂した広辞苑第7版で語釈の誤りが指摘されていた「LGBT」と「しまなみ海道」について、新たな語釈を同社のホームページに掲載した。「訂正すべき項目はこの二つだけ」としている。

 LGBTは「広く、性的指向が異性愛でない人々や、性自認が誕生時に付与された性別と異なる人々」とした。発売済みの広辞苑には「多数派とは異なる性的指向をもつ人々」と記載され、「生まれた時の体の性別とは異なる生き方をするトランスジェンダーの説明になっていない」との指摘を受けていた。

 しまなみ海道は、実際には通らない周防大島を経由すると記載し、愛媛県今治市の「大島」と山口県南東部にある「周防大島」を間違えて載せていた。

 書店に並ぶ広辞苑について、同社は「重版のタイミングで正しい内容に切り替える」としている。(朝日新聞DIGITAL)


そもそも辞書に書かれていることがすべて正しいと考えること自体が間違っているので、辞書に何がしかの誤り(見解の相違も含め)が含まれいるのは当然である。まして改訂直後のものなら猶更。
ネットを含めて、鬼の首を取ったようにどこそこの記述が間違っている、という記事が散見する(我が家で購読している新聞でも)けれども、辞書の記述に誤りがあることは、そこまで非難されるべきものでもない。
辞書は教典ではないのだから、信奉するものではなく、間違いが判明したら、素直に反省して直せば良いので、岩波書店の「重版のタイミングで正しい内容に切り替える」というのは妥当な対応だろうと思う。

ただし、記事にある「訂正すべき項目はこの二つだけ」というのはいかがなものか。
岩波書店のホームページの「『広辞苑 第七版』読者の皆様へ」と題するページにはその記述は見当たらないが、もしどこかでそういうことを言っているのだとしたら、「現時点では」くらいの但し書きを付けておいた方が良いだろうと思う。別の間違いが見つかったら、その時にはまた直せば良いのだから…。

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://hoshinahouse.blog.fc2.com/tb.php/1242-4c7623f0