FC2ブログ

「蚊帳の外」

先日、CS放送で「吉田拓郎&かぐや姫 in つま恋2006」をやっていた。
過去にNHKで放映していたものをそのまま放送したもので、画面に表示されているNHKのロゴまでそのままだった。
長いので全部は見ておらず、最初のあたりの拓郎のステージを見たのだけれども、「ペニーレインでバーボン」を歌っていたのにちょっと驚いた。
驚いたのは、この曲は初期のアルバム『今はまだ人生を語らず』に収められている名曲なのだが、この曲があるお陰で、アルバムが廃盤になったまま再発されない、という謂れのある曲だからである。
まったくバカみたいな話なのだが、「テレビはいったい誰のためのもの/見ている者はいつもつんぼさじき」という歌詞が、問題なのだと言う。

それで、テレビで見た「ペニーレインでバーボン」である。どうするのかと思って見ていたところ、拓郎は、「見ている者はいつも蚊帳の外で」と歌っていた。
時代とともに歌詞が変わることはまったく否定しないし、今更拓郎に何かと戦ってもらいたいとも思っていない。それに、言い換えとしてはかなり巧みな部類に入るのではないかとも言えるのだけれども、何となく興醒めな気がしなかったわけでもない。
貼っておくのはこっちにしよう。



発売当時、昔からの拓郎ファンには、かなりの衝撃を以って受け止められた曲だったと思う。

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://hoshinahouse.blog.fc2.com/tb.php/1241-0e8303e9