FC2ブログ

「忖度」

今年の流行語大賞に「インスタ映え」と「忖度」

 今年の世相を反映した言葉を選ぶ「2017ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)が1日、発表された。年間大賞には、SNS「インスタグラム」に投稿した写真がひときわ映えたかどうかを意識した「インスタ映え」と、森友・加計学園問題で盛んに使われた「忖度(そんたく)」が選ばれた。(朝日新聞)


この流行語大賞に選出される言葉は、例年いろいろと物議を醸し出すものではある。
良く言われる政治的云々は措いておくが、僕個人としては、本当に流行「語」なのかどうか、疑問に感じることが多い。
去年の「神ってる」は確かに流行った気がするし、神っていた選手が母校の附属高校の出身者だから良いとして(…というのは冗談だが)、一昨年の「トリプル・スリー」は、プロ野球選手として大変な偉業であることに疑問の余地はないのだけれども、それが「言葉」として流行したのかと言えば、否と言わざるをえないのではないか。
同じく、一昨々年の「集団的自衛権」も、間違いなくその年話題になった「事柄」ではあったけれども、「言葉」そのものが事柄から独り立ちして様々な場面で使われるようなことはなかったはずである。
その前の年の「今でしょ!」とか「倍返し」のような、仮に出典を知らなかったとしても誰でも汎用的に手軽に使えるような「言葉」が、流行語と呼ぶに相応しいのではないかと思う。

そういう意味では、今年の受賞語の一つである「忖度」は、「言葉」として流行したと言って良いだろう。だから、この語が受賞したこと自体は、さもありなんとは思う。
ただ、この言葉が流行したことには、やや釈然としないものがある。それは、何故この言葉が流行したのか、ということなのだが、事の発端が、「官邸の意向を忖度する」ではなく、「官邸の意向を推し量る」や「官邸の意向を考える」などだっとしたら、「推し量る」や「考える」が流行語になることはよもやなかったろうと思われる。
つまり、それまでに聞いたことのなかった「忖度」という言葉が、実はそういうちょっとイカガワシイ場面で使われるアヤシゲなものであることを知って、みんながいろいろな場面で使い始めた、不正と紙一重の公に出せないような行為を指す言葉なのだから聞いたことがないのも当然だ…というようなことが、「流行」した背景にあるように感じるのである。
お蔭で、僕にとっては今まで普通に使えていた(むろん頻繁に、ではない)言葉が、極めて使いにくくなってしまったのである。

言うまでもないことだが、「忖度」にはもともとマイナスもプラスもない。悪い場面でも使えるし、良い場面でも、どちらでもない場面でも使える言葉である。
安直に、青空文庫からの引用で済ませる。

明治乙亥十一月十日に森枳園が棠軒に与へた書は、既に注する所を除いて、猶枳園の壬申以後の内外生活を後に伝ふるものとして尊重しなくてはならない。内生活は末の「日本と唐好き」の一節に由つて忖度せられる。外生活は早く寿蔵碑に、「五月至東京、是月廿七日補文部省十等出仕、爾後或入医学校為編書、或入工学寮為講辯」の句があるが、これを此書の「壬申以来文部へ出仕」云々の一節に較ぶれば、広略日を同じうして語るべからざるものがある。(森鷗外『伊沢蘭軒』その三百六十六)


「忖度」発言をした当人だって、たぶん当たり前の言葉として使ったに過ぎないだろう。まさか「忖度」という言葉そのものがそんなことになるとは予期していなかっただろうと、僕は「忖度」している。

ところで、面白かったのは、受賞者が「忖度まんじゅう」を作った会社の社長だということだ。発言者に受賞を打診したものの断られた、という経緯があるのかもしれないけれども…。
その社長の受賞のコメントが、実に奮っている。
「忖度という言葉は日本文化をあらわす本当に素敵な言葉だと思います。これからも忖度という言葉を大事に使っていきたいと思っています。」

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://hoshinahouse.blog.fc2.com/tb.php/1227-10cf626e