FC2ブログ

『広辞苑 第七版』

広辞苑、誤り指摘の「LGBT」などを訂正 HPに掲載

 岩波書店は25日、10年ぶりに改訂した広辞苑第7版で語釈の誤りが指摘されていた「LGBT」と「しまなみ海道」について、新たな語釈を同社のホームページに掲載した。「訂正すべき項目はこの二つだけ」としている。

 LGBTは「広く、性的指向が異性愛でない人々や、性自認が誕生時に付与された性別と異なる人々」とした。発売済みの広辞苑には「多数派とは異なる性的指向をもつ人々」と記載され、「生まれた時の体の性別とは異なる生き方をするトランスジェンダーの説明になっていない」との指摘を受けていた。

 しまなみ海道は、実際には通らない周防大島を経由すると記載し、愛媛県今治市の「大島」と山口県南東部にある「周防大島」を間違えて載せていた。

 書店に並ぶ広辞苑について、同社は「重版のタイミングで正しい内容に切り替える」としている。(朝日新聞DIGITAL)


そもそも辞書に書かれていることがすべて正しいと考えること自体が間違っているので、辞書に何がしかの誤り(見解の相違も含め)が含まれいるのは当然である。まして改訂直後のものなら猶更。
ネットを含めて、鬼の首を取ったようにどこそこの記述が間違っている、という記事が散見する(我が家で購読している新聞でも)けれども、辞書の記述に誤りがあることは、そこまで非難されるべきものでもない。
辞書は教典ではないのだから、信奉するものではなく、間違いが判明したら、素直に反省して直せば良いので、岩波書店の「重版のタイミングで正しい内容に切り替える」というのは妥当な対応だろうと思う。

ただし、記事にある「訂正すべき項目はこの二つだけ」というのはいかがなものか。
岩波書店のホームページの「『広辞苑 第七版』読者の皆様へ」と題するページにはその記述は見当たらないが、もしどこかでそういうことを言っているのだとしたら、「現時点では」くらいの但し書きを付けておいた方が良いだろうと思う。別の間違いが見つかったら、その時にはまた直せば良いのだから…。

「蚊帳の外」

先日、CS放送で「吉田拓郎&かぐや姫 in つま恋2006」をやっていた。
過去にNHKで放映していたものをそのまま放送したもので、画面に表示されているNHKのロゴまでそのままだった。
長いので全部は見ておらず、最初のあたりの拓郎のステージを見たのだけれども、「ペニーレインでバーボン」を歌っていたのにちょっと驚いた。
驚いたのは、この曲は初期のアルバム『今はまだ人生を語らず』に収められている名曲なのだが、この曲があるお陰で、アルバムが廃盤になったまま再発されない、という謂れのある曲だからである。
まったくバカみたいな話なのだが、「テレビはいったい誰のためのもの/見ている者はいつもつんぼさじき」という歌詞が、問題なのだと言う。

それで、テレビで見た「ペニーレインでバーボン」である。どうするのかと思って見ていたところ、拓郎は、「見ている者はいつも蚊帳の外で」と歌っていた。
時代とともに歌詞が変わることはまったく否定しないし、今更拓郎に何かと戦ってもらいたいとも思っていない。それに、言い換えとしてはかなり巧みな部類に入るのではないかとも言えるのだけれども、何となく興醒めな気がしなかったわけでもない。

押っ取り刀

先週全国規模で執り行なわれた超巨大な試験の試験会場での出来事。
ある監督者の曰く、
「時間がタイトだからオットリガタナでやってたら間に合わねぇな」

…S教授、タイトだからこそ「オットリガタナ」で行動するよう願う。いや、それでも慎重に…。

『重箱の隅から読む名場面』

当ブログの数少ない読者諸兄に告ぐ。
敢えて理由は言わないが、本書を強く推奨し、購入を懇請する。

馬上駿兵『重箱の隅から読む名場面』

馬上駿兵『重箱の隅から読む名場面』

以上。

成田山新勝寺(成田市成田)・その2

2年も前に行って、狛犬の写真も撮ったのだけれども、1枚を除いてアップもせずにいた。
良い狛犬がたくさんいるのだが、そうであるだけに上げるのが面倒だ、ということが理由である。
それは今に至っても同じなのだけれども、犬らしい狛犬がいて、今年の年賀状に使ったので、せめてそれだけでもアップしておこうと思い立った。
なお、狛犬に興味のない方には理解しがたいと思うけれども、「犬らしい狛犬」というのは存外珍しいのである。

新勝寺の境内ではなく、参道にある薬師堂。

成田山薬師堂

この薬師堂、成田山旧本堂だそうである。

そこにいた狛犬。

成田山薬師堂 成田山薬師堂
成田山薬師堂 成田山薬師堂

尻尾が、かわいらしい。

成田山薬師堂

台座に「寛政十年」の文字がある。1798年製。

(SONY NEX-6 + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS)
[ 2018/01/07 00:00 ] 狛犬 千葉 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

「学者・博士」

アンケートが選択式か記述式かでも事情は異なるのだけれども…。

男子がなりたい職業1位は「学者・博士」 第一生命調査

 男子が大人になったらなりたい職業1位は、学者か博士――第一生命が1月5日に発表したアンケート調査でそんな結果が出た。15年ぶりにトップに返り咲いた。

 学校以外でも理科実験を行う私学塾が登場するなどして、自ら探求したいと考える子どもが増えていると同社は分析。2014年から3年連続で日本人がノーベル賞を受賞しているトレンドも相まって、人気が上昇したという。

 17年には“天才物理学者”が主人公の「仮面ライダービルド」(テレビ朝日系列)も放送され、注目を集めていた。

 2位は野球選手、3位はサッカー選手と続いた。野球選手がサッカー選手を上回ったのは8年ぶり。女子では、1位が食べ物屋さん(21年連続)、2位が看護師さん、3位が保育園か幼稚園の先生だった。

 調査期間は17年7~9月。全国の未就学児と小学生(1~6年生)1100人から回答を得た。(ITmedia)


産経新聞の記事には「学者・博士になりたい男の子では「がんを完璧に治したい」「遊んでくれるロボットをつくりたい」と理系の科学者が注目を集めた。」とあって、それ自体は大変結構なことである。
が、ひとつ言っておくと、学者も博士も「職業」ではないのだが…。

「言い訳」と「説明」

ある物故した日本語学者が、生前良く待ち合わせに遅れて来たのだが、来るとその途端に、必ず何故遅れて来たか、という話を始める。
恩師が、彼は良く言い訳をする男だ、と言ったのに反論して曰く、
「自分のしているのは言い訳ではなく説明である。
言い訳と説明は違う。言い訳は自分のためにするもので、説明は他人のためにするものである。
相手は、きっと何故自分が遅れて来たのだろうと思っている。
自分は、その疑問を解消すべく、相手のために説明をしているのである。」
と。
非常に厳格で論理的な研究をしている方だったが、こんなことを大真面目な顔で「説明」するところに、大いなる人間味が溢れていた。

昨日のエントリを書いていて思い出した昔話。

「年賀状の作法」再掲

年頭に際して、数年前に書いた「年賀状の作法」を再掲する。

一般に、年賀状には印刷だけでなく、近況などを手書きで加えるのが良いとされているようだが、僕の亡恩師はそれに反した独特の考え方を持っていた。
年賀状は自分が生きていることさえ伝われば良いのであって、身の回りのことなどを長々と書き連ねられているのは迷惑だ、一々読まねばならん、というのである。
相手の顔を思い浮かべながら心を籠めて近況を書いていた人からすれば思いの外のことだろうが、恩師の許には、毎年千枚を超える賀状が到来した。多くの人から敬慕されていただけに、詳細な報告の添えられたものの比率も高かったろう。そのご性格からすれば、どんな内容であれ、書かれていることをいい加減に読み飛ばされるようなことはなかったろうから、何百人もの近況報告に貴重な正月休みを割かれる苦痛は、推し量って余りあるところである。
僕はこの話を伺ってから、恩師の考えを牽強して、賀状の添え書きを割愛することにした。

なお、ここに言う「割愛」は、あくまでも本来の用法としてのそれである。くれぐれも誤解のなきよう。


例年の賀状についての言い訳…否、説明である。
昨年は大晦日まで、今年は元日から仕事~つまり年末年始は休みなし~なので、正月気分が盛り上がらないこと例年の比ではない。
それで、賀状を書く気にもなれずにいて昨日漸く第一陣を投函したような為体だから、まだまだ宛先に届くような気遣いはない。届いたところで、上記のような次第だから、何ほどのことか、あらん。
[ 2018/01/01 01:01 ] 自然・季節 風物詩 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△