FC2ブログ

1001/1501/1613

京急ネタ続き。

新1000形001編成。

1001
1001

大師線で見掛けた1501編成。

1501

新1000形613編成。

1613

これまでのものはトップナンバーが珍しいんだろうな、と思えるかもしれないけれども、これは判らない人には何が珍しいのかはまったく判らないだろう。
新1000形にはいくつかの形式があって、限りなく大まかに言うとアルミ製とステンレス製があるのだが、ステンレス製の車輛には塗装を施す必要がないから、京急では初めて塗装をしない車輛が登場した。
銀色の車輛は他社では珍しくもないけれども、昔からの京急ファンには評判がイマイチで、若干の揶揄を込めて、「新1000形」ならぬ「銀1000形」などと呼ばれる…らしい(息子の受け売り)。
それで、従来の赤白のツートンをラッピングで実現して京急らしさを出すようになったのだけれども、この編成から、「塗装」が復活したのである。
むろんステンレス車に塗装は必要ないし、塗料の分重くなるから実用的には百害あって一利なしとも言える。が、京急らしさを出すためには「塗装」を施す必要があるという判断で登場した車輛である。

京急続きのエントリも、ここまで。

(SONY Cyber-shot DSC-RX100M3)
[ 2018/08/24 00:08 ] 旅・散策 京浜急行 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

800形のことなど(その3)

「800形のことなど(その1)」「800形のことなど(その2)」の続き。

前2回にも増して思い入れのない人にとってはどうでも良い内容。

800形内装あれこれ…という割には少ないが。

800

車端部にある座席。
1人で坐るにはやや広く、2人で坐るにはかなり狭い。

800

扉。
何のこっちゃ? と思われるだろうけれども、京急で片開ドアなのは今や800形のみである。
この扉の所為で今後のホームドア設置に対応できず、引退を早める結果になってしまうのだけれども…。

800

窓枠。
何だこれは? と思われるだろうけれども、京急の車輛としては初めてのFRP一体成型の窓枠だった。ブラインドの留め金が飛び出しているので、坐っていると背中に当たって微妙に痛い。

800

デビュー当時は珍しくもなかったけれども、冷房効率の良くなった今、扇風機が付いている車輛はほかにない。…という珍しさだけでなく、京急のロゴは現在では「KEIKYU」だけれども、当時の「KHK」というロゴが残されている点でも価値がある。

800

説明不要、というより、説明しなければ判らない人には説明しても判らない。
「東急車輛」製造、「京急車輛」更新。現在の「総合車両製作所」と「京急ファインテック」である。

(SONY Cyber-shot DSC-RX100M3)
[ 2018/08/20 00:00 ] 旅・散策 京浜急行 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

800形のことなど(その2)

「800形のことなど(その1)」の続き。

その後あちこちに行って、金沢八景駅から快特に乗って帰ろう、と思って2100形車輌を待っていたのだが、何故か2回続けて他の車輌の代替運行だった。
2回と言っても2100形が来るのは20分に1本なので、さすがに諦めて1500形車輌で来た快特に一旦乗ったのだけれども、やはり別の車輌を乗り継いで行こうということで、上大岡駅で降りた。
…と、向かいの下り線に800形が、しかもリバイバル塗装の車輌がやって来た。
後続の快特で金沢八景駅まで戻れば確実に追いつける。…ということで、乗ることができないと思っていた思い出の800形に乗ることができたわけである。

823
823

(SONY Cyber-shot DSC-RX100M3)
[ 2018/08/19 22:06 ] 旅・散策 京浜急行 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

800形のことなど(その1)

思い入れのない人には何の意味もないだろうけれども、思い入れのある僕にとっては大きな意味がある。

京急の800形車両については、以前にも記事を書いたことがある。
2箇月ほど前に、息子が1人で電車の写真を撮りに行ったのだが、貸したカメラの画像を見たら、そこに800形のリバイバル塗装の車輛があった。引退も間近だろうから、僕はもう乗ることはできないだろうと思ったけれども、写真だけでも見ることができて良かった、と思っていた。
…のだが、その後何回か息子が写真を撮りに行く度に、800形に遭遇したという。それで、もしかしたらまだ乗れるかもしれないと思って、ノウハウを持っている息子にスケジュールを任せて一緒に行ってみた。
それで、写真は僕が撮ったのと息子の撮ったのとが混在するけれども、大した違いがあるわけではない。

まずは北品川駅で降りて、定番の八ツ山橋で各種車輛を撮影しつつ待っていると、上り普通・品川行が通過。821編成。

821

北品川駅に戻れば、程なく折り返して来るこの車輛に乗れる。
…というわけで、念願適って800形車輛に乗ることができたわけである。

途中駅で、通過待ちで〇分停車などという情報も息子が持っていたので、停車中に外に出て撮影した。息子に訊けばどこの駅だったか即答するだろうけれども、まぁ、良いだろう。

821

その後、多摩川の河川敷で撮影がしたいという息子に付き合って、六郷土手駅で降りた。

821

リバイバル塗装ではなかったけれども、思い出の800形に乗れて満足した、という話。

多摩川でも800形に遭遇。825編成。

825

名前はそのまま、京急多摩川橋梁というらしい。

(SONY NEX-6 + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS / Cyber-shot DSC-RX100M3)
[ 2018/08/16 22:09 ] 旅・散策 京浜急行 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

低?架橋

大して書きたいこともないので、こんな写真でお茶を濁しておく。

低架橋

構造としては高架橋と言って良いのかもしれないが、まったく高くない。
バイクや自転車と比べてもらえば判るだろうけれども、到底立ったままでは通れない。通る、というより潜る。

低架橋

高架橋を見下ろすの図。巨人の気分を味わえ…ないな。

低架橋

線路に入ってはいけないのはむろんのことだけれども、ここからなら難なく入れそうな気は確かにする。

東急池上線洗足池駅至近。

(SONY DSC-RX0)
[ 2018/08/11 21:58 ] 旅・散策 乗り物 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

福徳稲荷神社? あるいは Missing-link(江東区永代)

当ブログでも何度かご紹介申し上げたことのあるたっつんさんが、僕の地元に割に近い(と言っても氏子地域が異なるから本当の地元じゃないんだが…)江東区で神社をロスト(ルートには入れていたが現地で見つけられなかった)されたそうなので、これかな? と思うものを上げておく。

福徳稲荷神社、かな? と思われる神社?
確証はなく、あくまでも「かな?」。

福徳稲荷神社?

真ん中の大きな建物の車庫に祀られているお社。

福徳稲荷神社?

私有地なので若干離れたところからの写真のみ。
(SONY DSC-RX0)

夜桜ライトアップ

大横川沿いの桜並木が菊川橋と菊柳橋の間、ライトアップされている。

大横川
大横川

ただし、墨田区側だけ。

大横川

(SONY Cyber-shot DSC-RX100M3)

ブレーキ不具合

今朝(というか既に昨日)、通勤時に乗っていた都営新宿線が、駅に停まる度に停止位置を直していた。
何でも新たに導入したブレーキシステムの不具合らしいのだけれども、停止位置がずれる度に30cmほどずつ動かす修正を繰り返していた。
迷惑でないとも言えないのだけれども、あの重く長い車両を30cmだけ動かすというのは実は大変な技術なのではないかと、妙なところで感心した。

ただそれだけ。
[ 2018/03/27 00:14 ] 旅・散策 乗り物 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

『なぜ京急は愛されるのか』

最近読んだ本。

佐藤良介『なぜ京急は愛されるのか “らしさ”が光る創立120年の軌跡』

『なぜ京急は愛されるのか』

京急ファンが京急ファンのために書いた京急の本。

京急ファンが書いた、と言っても著書が多数ある(ほぼ京急関連のものだが)プロのライターと言って良い人ではあるのだけれども、熱烈な京急ファンであることは間違いない。
京急愛のあまりの強さに、京急の御用ライターか? 京急から金でも貰っているのか? と思われかねないほど誉めに誉めまくる。が、広く深い知識の上で語られている愛だから、京急嫌いの人でない限り、(そしてそういう人はこの本を手に取ることはないだろうから事実上読者全員)微笑ましい気持ちで読むことができるだろう。
京急に馴染みのある人であれば、マニアックな知識を持っている人でなくても、何となく思い当たるフシのあることがちょくちょく出て来る。
面白過ぎる。
[ 2018/03/25 10:18 ] 旅・散策 京浜急行 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

2000形

予想はされていたものの、ついに引退

たぶんぼくが高校生の頃に登場した、とてつもなくカッコいい電車だった。

2000形

800形の引退も、そろそろなのだろう。
[ 2018/03/10 23:13 ] 旅・散策 京浜急行 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△