FC2ブログ

低?架橋

大して書きたいこともないので、こんな写真でお茶を濁しておく。

低架橋

構造としては高架橋と言って良いのかもしれないが、まったく高くない。
バイクや自転車と比べてもらえば判るだろうけれども、到底立ったままでは通れない。通る、というより潜る。

低架橋

高架橋を見下ろすの図。巨人の気分を味わえ…ないな。

低架橋

線路に入ってはいけないのはむろんのことだけれども、ここからなら難なく入れそうな気は確かにする。

東急池上線洗足池駅至近。

(SONY DSC-RX0)
[ 2018/08/11 21:58 ] 旅・散策 乗り物 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

福徳稲荷神社? あるいは Missing-link(江東区永代)

当ブログでも何度かご紹介申し上げたことのあるたっつんさんが、僕の地元に割に近い(と言っても氏子地域が異なるから本当の地元じゃないんだが…)江東区で神社をロスト(ルートには入れていたが現地で見つけられなかった)されたそうなので、これかな? と思うものを上げておく。

福徳稲荷神社、かな? と思われる神社?
確証はなく、あくまでも「かな?」。

福徳稲荷神社?

真ん中の大きな建物の車庫に祀られているお社。

福徳稲荷神社?

私有地なので若干離れたところからの写真のみ。
(SONY DSC-RX0)

ブレーキ不具合

今朝(というか既に昨日)、通勤時に乗っていた都営新宿線が、駅に停まる度に停止位置を直していた。
何でも新たに導入したブレーキシステムの不具合らしいのだけれども、停止位置がずれる度に30cmほどずつ動かす修正を繰り返していた。
迷惑でないとも言えないのだけれども、あの重く長い車両を30cmだけ動かすというのは実は大変な技術なのではないかと、妙なところで感心した。

ただそれだけ。
[ 2018/03/27 00:14 ] 旅・散策 乗り物 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

『なぜ京急は愛されるのか』

最近読んだ本。

佐藤良介『なぜ京急は愛されるのか “らしさ”が光る創立120年の軌跡』

『なぜ京急は愛されるのか』

京急ファンが京急ファンのために書いた京急の本。

京急ファンが書いた、と言っても著書が多数ある(ほぼ京急関連のものだが)プロのライターと言って良い人ではあるのだけれども、熱烈な京急ファンであることは間違いない。
京急愛のあまりの強さに、京急の御用ライターか? 京急から金でも貰っているのか? と思われかねないほど誉めに誉めまくる。が、広く深い知識の上で語られている愛だから、京急嫌いの人でない限り、(そしてそういう人はこの本を手に取ることはないだろうから事実上読者全員)微笑ましい気持ちで読むことができるだろう。
京急に馴染みのある人であれば、マニアックな知識を持っている人でなくても、何となく思い当たるフシのあることがちょくちょく出て来る。
面白過ぎる。
[ 2018/03/25 10:18 ] 旅・散策 京浜急行 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

2000形

予想はされていたものの、ついに引退

たぶんぼくが高校生の頃に登場した、とてつもなくカッコいい電車だった。

2000形

800形の引退も、そろそろなのだろう。
[ 2018/03/10 23:13 ] 旅・散策 京浜急行 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

新1000形

昨日に続いて、これも載せておく。

新1000形16次車。
16次車

ついでに、去年乗りに行った新1000形1800番台。

1800番台
[ 2017/06/17 23:39 ] 旅・散策 京浜急行 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

「逗子←→八景」

もう1箇月近く経ってしまったけれども、これだけは載せておこうかと思う。
京急ファインテック久里浜工場にて。

800形リバイバル塗装。

800形

この車両で「正面方向幕実演」をやっていて、観衆のリクエストに応えて方向幕を変えていた。
800形に相応しい方向幕といっても、ぼくは「急行 新町」行くらいしか思い付かないのだけれども、やはりマニアな人はいるもので、こんなリクエストがあった。

800形

たぶん逗子線沿線の住人にしか判らないだろうけれども、深夜帯にこの折り返しの電車が走っていたのである。

なお、急行なんだけれども、この区間は全駅急行停車駅だから、実質各駅停車である。
[ 2017/06/16 23:27 ] 旅・散策 京浜急行 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

鶴ヶ城

3月27日、5年ぶりの鶴ヶ城。
生憎の雪と言えないことはないけれども、雪景色の城が見られたのは幸甚だとも言える。

鶴ヶ城

鶴ヶ城

鶴ヶ城

鶴ヶ城

天守閣最上層からの展望。

鶴ヶ城

鶴ヶ城

雪の「荒城の月」碑。

鶴ヶ城

(SONY NEX-6 + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS/Panasonic LUMIX DMC-LX3)
[ 2017/04/19 00:07 ] 旅・散策 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

続・まにあうかもしれない

まにあうかもしれない」の続き。

大横川

(Panasonic LUMIX DMC-LX3)

まにあうかもしれない

大横川の桜もほぼ満開。
菊川橋西詰より。

大横川

空は厚い雲に覆われているけれども、天気が回復すれば、この場所からもう少し遠くまで見通せる。
開花前の様子。

大横川

来週前半まで天気がぐずつく予報だけれども、大雨にならなければ、桜はもつかもしれない。

エントリのタイトルは、ふと思いついただけ。

(Panasonic LUMIX DMC-LX3)