FC2ブログ

ピーター・グリーン

フリートウッド・マックの創設者、ピーター・グリーンが死去

フリートウッド・マックの創設者の1人、ギタリストのピーター・グリーンが7月25日、亡くなった。現時点、死因は明かされていないが、睡眠中に息を引き取ったという。73歳だった。
家族が弁護士を通じ、「大変残念ではありますが、ピーター・グリーンの家族はこの週末、彼が眠っている間安らかに息を引き取ったことをお知らせします。さらなる詳細は数日内にお伝えします」との声明を出した。
ピーター・グリーンは、1965年秋19歳のとき、エリック・クラプトンに代わりジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズの公演に参加したのを機に、ザ・ブルースブレイカーズの正式メンバーとなった。アルバム『A Hard Road』(1967年)でのパフォーマンスが高い評価を得たが、自身のブルース・バンドを結成したいと短期間で脱退し、ミック・フリートウッドと活動を共にし、ジョン・マクヴィーが加入したことでフリートウッド・マック(初期のバンド名はピーター・グリーンズ・フリートウッド・マック)が誕生した。(BARKS)


ミック・フリートウッドとジョン・マクビーとバンドをやろうと思って名付けたフリートウッド・マック。
ミックとジョンは加入したものの、その後自身は脱退。まったく別の音楽性のバンドになって大ヒットを飛ばすことになる…というピーター・グリーンの訃報。
ピーター・グリーン時代のフリートウッド・マックの古き良きブルーズ・ロックのアルバムと言えば、何と言っても『英吉利の薔薇』。

英吉利の薔薇

強烈なジャケ写のモデルはミック・フリートウッド。
[ 2020/07/27 23:37 ] 音楽・映像 洋楽 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

「天国への階段」

まだ諦めてないのか? という思いはあるものの、目にしたら気にならないこともないので上げておく。

レッド・ツェッペリン、「天国への階段」めぐり勝訴 「盗作でない」 

米サンフランシスコの控訴裁判所は9日、イギリスのロックバンド「レッド・ツェッペリン」のヒット曲「天国への階段」について、盗作には当たらないと判断を示し、米ロックバンド「スピリット」の訴えを退けた。

スピリットのギタリスト、ランディ・カリフォルニア氏(本名ランディ・ウルフ、1997年に死去)の管財人は2014年、レッド・ツェッペリンが「天国への階段」でウルフ氏の楽曲「トーラス」を盗作したとして提訴した。

「天国への階段」はレッド・ツェッペリンの代表曲のひとつで、ロックの名曲として高く評価されている。

裁判所が盗作を認めた場合、ボーカリストのロバート・プラント氏やギタリストのジミー・ペイジ氏は何百万ドルもの損害賠償を支払う可能性があった。(BBC NEWS JAPAN)

[ 2020/03/11 09:17 ] 音楽・映像 洋楽 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

Dr.John追悼

Dr.John の訃報に接して、軽く Dr. の曲をひと通り(と言っても持っているものだけ)聴いた。

『デスティヴリー・ボナルー』"DESITIVELY BONNAROO"

desitively bonnaroo

有名な『ガンボ』 ("Dr.John's GUMBO")とか『イン・ザ・ライト・プレイス』("IN THE RIGHT PLACE")ではなく、これ真っ先に取り出したのは、いかにも通ぶったようで嫌な感じなのだけれども、これが一番気に入っていた。
'IKO IKO' とか 'Right Place, Wrong Time' のような超有名曲は収められていないけれども、アラン・トゥーサンとのコンビによる傑作だと思う。

上記のほか、何枚か持っている限り聴いたのだけれども、薀蓄を語るほどの何物をも持っていないので、あと1枚のみ。

ロニー・バロン『ザ・スマイル・オブ・ライフ』 Ronnie Barron ”THE SMILE OF LIFE”

the smile of life

これのどこが? と訝ること勿れ。
Mac Rebennack がブードゥー教をモチーフにしたサイケデリックなアルバムを作ろうとした時、司祭の名を取ったヴォーカル Dr.John に据えようとしたのがロニーだったのだが、ロニー周辺の反対で断念してマック自身が Dr.John になった繋がりがある。
そしてこのアルバムにも、Mac Rebennack 名義で参加している。
なお、このアルバムを買った理由は、プロデューサーが細野晴臣だったから。裏ジャケットには細野さんが寝っ転がっている写真が使われている。
[ 2019/06/10 14:53 ] 音楽・映像 洋楽 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

Dr.John

知らない人にはまったく興味の沸かない話題だろうけれども、僕の中では最近の訃報の中でもかなりショッキングなものの一つに属す。

ドクター・ジョンが逝去。享年77歳

ドクター・ジョンが亡くなった。享年77歳だった。

遺族からの声明によれば、ドクター・ジョンは現地時間6月6日に心臓発作で亡くなったという。遺族は次のように述べている。「彼独自の音楽的な道のりを共有してくれたすべての人に感謝しますし、現時点はプライバシーに御配慮いただければと思います。葬儀関連に関しましては追って発表いたします」(NME JAPAN)

[ 2019/06/08 09:21 ] 音楽・映像 洋楽 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

続・Sandy Denny

先日「Sandy Denny」を書いた後で、WALKMANにはほかにも入っていたことに気づいた。
フェアポート・コンヴェンション(Fairport Convention)時代のアルバム2枚。

"Unhalfbricking" ~『アンハーフブリッキング』

Unhalfbricking

"Liege & Lief" ~『リージ・アンド・リーフ』

Liege & Lief

"Unhalfbricking" で取り上げられているディランの Percy's Song が美しい。
ディランの楽曲とは言え、本人歌唱のものは "Biograph" でしか聴くことができない。
"Biograph" はマニア向けの高額商品であり、かつ、既に生産完了になっているようだ。そして、ディランのコアなファンでない限り、フェアポート・コンヴェンションのバージョンの方が遙かに聴きやすいから、"Unhalfbricking" で聴くのが良いだろう。とはいえ、"Unhalfbricking" も段々入手が難しくなりつつあるようだが…。

アルバムはほかにも持っているのだけれども、WALKMANに入っていたのはこれだけ。
[ 2018/04/23 10:03 ] 音楽・映像 洋楽 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

Sandy Denny

朝、出掛けに聴いていたウィークエンド・サンシャインで、今日4月21日がサンディ・デニーの命日だということを知った。

そういうことなら、というわけで、今日のBGMは、WALKMANに入っていた限りのサンディの曲。

"The North Star Grassman And The Ravens" ~『海と私のねじれたキャンドル』

The North Star Grassman And The Ravens

"SANDY" ~『サンディ』

SANDY

"Like An Old Fashioned Waltz" ~『オールド・ファッションド・ワルツ』

Like An Old Fashioned Waltz

今では入手が難しくなりつつあるようだ。非常に残念なこと。
[ 2018/04/21 22:37 ] 音楽・映像 洋楽 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

イヴォンヌ・ステイプルズ

訃報。

ザ・ステイプル・シンガーズのイヴォンヌ・ステイプルズ、死去

1999年にロックの殿堂入りを果たし、2005年にグラミー賞の特別功労賞を受賞したアメリカのゴスペル/ソウル・グループ、ザ・ステイプル・シンガーズのイヴォンヌ・ステイプルズが、火曜日(4月10日)シカゴにある自宅で亡くなった。『Chicago Tribune』紙によると、数週間前に癌を患っていると診断されたばかりだったという。80歳だった。(BARKS)

[ 2018/04/12 23:31 ] 音楽・映像 洋楽 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

"LEX HIVES"―今年聴いた音楽(その10)

THE HIVES "LEX HIVES"
 ザ・ハイヴス『レックス・ハイヴス』

LEX HIVES

スウェーデンのロック・バンドだそうだ。
例によって例の如く、詳しいことは何も知らないのだけれども、とにかく、喧しいことだけは請け合える。
[ 2017/12/12 23:23 ] 音楽・映像 洋楽 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

"DOWN HEARTED BLUES"―今年聴いた音楽(その9)

EILEN JEWELL"DOWN HEARTED BLUES"
 ~イーリン・ジュエル『ダウン・ハーテッド・ブルース』


DownHeartedBlues

イーリン・ジュエルについては、何も知らない。ウィキペディアにも立項されていないようだ。
僕の洋楽視聴のきっかけの常、これもピーター・バラカンから仕入れたのだが、朝の出がけ、バタバタした中で聴いているから、静かに語るバラカンの説明もほとんど聞こえていない。
だから、心地良いブルーズだ、というくらいにしか判っていない。
エレキ・サウンドも入っているけれども、フォーキーさを感じさせる素朴な曲もある。結局のところ、どうカテゴライズして良いのか判らないのだけれども、心地良ければどうでもいいじゃないか、と思って聴いている。
[ 2017/12/01 23:45 ] 音楽・映像 洋楽 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

『カルダン劇場ライヴ1983』―今年聴いた音楽(その8)

昨年末のピエール・バルーの訃報を受けて、今年前半、良く聴いたアルバム。
『ル・ポレン(花粉)』が欲しいと思ったのだけれども、既に廃盤で手に入らなかった。それで、同時期のライブ盤であるこちらを買ったのだけれども、これが素晴らしい。

Pierre Barouh "conert a I'Espace Pierre Cardin"
 ~ピエール・バルー with 清水靖晃 & ムーンライダーズ『カルダン劇場ライヴ1983』


カルダン劇場ライブ1983
[ 2017/11/29 23:45 ] 音楽・映像 洋楽 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△