FC2ブログ

「見上げようとして『も』」(続)

見上げようとして『も』」の続き。

調べた限り、「大根の月」には以下の版がある。

①『小説新潮』(新潮社) 1980年7月(初出)
②『思い出トランプ』(新潮社) 1980年12月(初収)
③『思い出トランプ』(新潮社<新潮文庫>) 1983年5月
④『向田邦子全集 第三巻』(文藝春秋) 1987年8月
⑤『向田邦子全集<新版> 第一巻』(文藝春秋) 2009年4月
⑥『思い出トランプ(改版)』(新潮社<新潮文庫>) 2014年6月

これ以外にも、『思い出トランプ』の「大活字文庫」というのもあるようなのだけれども、さすがにそこまでは考慮しなくても良いだろう。
ちなみに、作家が物故したのは1981年だから、生前に刊行されたのは②までである。

さて、今回披見したのは③④⑤の3冊である。
まず、④の本文は下記の通り。

空を見上げて、昼の月が出ていたら戻ろうと思い、見上げようとしても、もし出ていなかったらと不安になって、汗ばむのかまわず歩き続けた。


引用した通り、「見上げようとしても」とある。僕が「ある機会」に依拠したのはこの全集本である。
では、その他はどうだろうか、と思って見てみたところ、③も⑤も「見上げようとして」になっていた。
書店で立ち読みしたのは⑤だから、今手許にはないものの、これも「見上げようとして」である。

…というのが、ここまで調べたすべて。
作家の個人全集と雖も、漱石とか芥川とか、研究史のある作家の全集なら、専門家による本文についての注記が付けられているのが常套だけれども、現代作家の全集には、そういうものがほとんどない。
だから、何故最初の全集で「も」が付いているのか、何故次の全集で「も」がなくなっているのか、その事情は一切判らない。
著者生前に刊行された①②を見れば、ある程度はっきりするのかもしれないけれども、②はともかくとして、①は予約制の図書館に行かなければなかなか見ることができなそうだから、ハードルは高い。
追々、調べようと思う。

なお、調べた結果、最初の全集の「も」が誤植だという洒落にもならないオチだったとしても、公刊された作品の本文であることには違いないのだから、その「も」に意味があるという読み方を、撤回するつもりはないし、対象とする作品の本文について確認することもなく何冊も書籍を書き続けている姿勢を是認する気もない。

「見上げようとして『も』」

以前…と言ってももう4年も前のことになるが、「続・昼下がりの月」等の一連のエントリで、ある作品に対する、ある書籍の論評のイイカゲンさを書いた。
「ある作品」というのは、実は向田邦子の『思い出トランプ』に収められている「大根の月」という短篇なのだけれども、その際に、「ある書籍」が引用している、

空を見上げて、昼の月が出ていたら戻ろうと思い、見上げようとして、もし出ていなかったらと不安になって、汗ばむのかまわず歩き続けた。


という作品の末尾一文の文言が、「見上げようとして」ではなく、「見上げようとしても」だということを追記した。
その後、ある機会に(と、敢えて言っておくが)この「も」の効果について書いた。この助詞一字が、非常に深い意味を持っているということである。

最初に書いた「ある書籍」の著者が、最近またこの作品について書いていたのだが、それを見ても、この「も」には一切言及されておらず、引用本文も「見上げようとして」のままだった。
ブログで書き散らしただけならまだしも、それなりにきちんとした形で書いたのに、しかも「ある書籍」の著者は間違いなくそれを読んでいるのに、何の問題意識も感じないのは何故だろう? ということで、再び書く。
その無関心さがあまりにも不思議だったので、家にあったはずだが見当らなくなってしまった新潮文庫本の『思い出トランプ』を職場近くの書店で立ち読みしたところ、何と本文が「見上げようとして」になっている。
さてはやっちまったか? と思ったのだけれども、引用した本文は、わざわざ図書館に行って向田邦子全集を見ているのだし、コピーもして何度も確認しているから、間違いはないはず。
とは言え、そのコピーは既に捨ててしまっているので、改めてきちんと調べてみようと思い立った。

もっとも、今はコロナ禍で、図書館に行くのもままならない。一度で事が済みそうな大きな図書館は軒並み予約制で、なかなか時間の合間にふらっと訪れるようなわけにも行かない状況である。
これは全部調べない限りは答えが出ないので、現時点で判ったところまで、書き留めておく。あくまでもメモである。

…と、書いて来たところで力尽きたので、今日はここまで。
仕事帰りに閉館間際の図書館に駆け込んで調べたのだから、勘弁してくれ。

山崎正和

山崎正和さんが死去 劇作家・評論家、86歳

戯曲「世阿弥」や評論「柔らかい個人主義の誕生」で知られる劇作家・評論家で文化勲章受章者の山崎正和(やまざき・まさかず)さんが8月19日午前3時2分、悪性中皮腫のため兵庫県内の病院で死去した。86歳だった。告別式は近親者で行った。

京都市生まれ、京都大大学院修了。後に米エール大に留学。1963年、能楽の大成者を主人公とする戯曲「世阿弥」で演劇界の登竜門である岸田国士戯曲賞を受賞、気鋭の劇作家として注目される。演劇、小説、詩など幅広い分野の評論も手がけ、73年には森鴎外を新たな視点で論じた「鴎外 闘う家長」で読売文学賞を受賞する。

84年発表の評論「柔らかい個人主義の誕生」(吉野作造賞)では、当時起きていた日本の消費社会の変化を取り上げ、「顔の見える大衆」の登場を肯定的にとらえた。それは「社交する人間 ホモ・ソシアビリス」(2003年)などの文明論へとつながっていく。他の著書に「文明としての教育」「世界文明史の試み 神話と舞踊」などがある。(日本経済新聞)


誰と勘違いしていたのか、もうとっくに亡くなっているとばかり思っていた。
僕にとっては劇作家より評論家で、学生時代、山崎正和くらい知らなければモグリだというくらい、名前が上っていた。

僕は大して読んでなかったけどね。

外山滋比古

「思考の整理学」外山滋比古さん死去 96歳

若い世代を中心に40年近く読み継がれている「思考の整理学」の著者として知られる英文学者で、お茶の水女子大学名誉教授の外山滋比古さんが先月30日、胆管がんのため東京都内の病院で亡くなりました。96歳でした。

外山さんは大正12年に愛知県で生まれ、雑誌の編集に携わったあと、お茶の水女子大学や昭和女子大学などで教べんを執りました。

シェークスピアなど専門のイギリス文学にとどまらず、日本語や教育など幅広い分野で独創的な視点から数多くの評論を残しました。

中でも昭和58年に刊行した「思考の整理学」は物の見方や考え方、アイデアの生み出し方などをみずからの体験を基に明快に示して、若い世代を中心に40年近く読み継がれ、版元の筑摩書房によりますと、今も大学生協の書籍ランキングに名を連ねるなど、累計の販売部数がおよそ250万部のロングセラーとなっています。(NHK)


一度だけ、所属している学会の講演で見る機会があった…のだけれど、仕事で間に合わなそうだし、学会で講演なんか…ととんがっていたこともあり、行かなかった。
その公演は非常に評判が良く、若干後悔しなかったわけでもない。

「ノストラダムスの大予言」

「ノストラダムスの大予言」の著者、五島勉さんが死去

 五島勉さん(ごとう・べん=作家、本名後藤力〈ごとう・つとむ〉)が6月16日、誤嚥(ごえん)性肺炎で死去した。90歳だった。葬儀は近親者で営んだ。

 1973年に刊行した「ノストラダムスの大予言―迫りくる1999年7の月、人類滅亡の日」は、16世紀のフランスの医師・占星術師、ノストラダムスの予言集を解釈したもので、ベストセラーになった。(朝日新聞DIGITAL)


特段の思い入れはまったくないのだけれども、小学生の頃に大ブームになっていたので、僕の世代なら知らない人は誰もいないだろう…ということで取り上げた。

遠藤周作

遠藤周作の未発表小説「影に対して」発見 死去後初めて 長崎

江戸時代のキリシタン弾圧をテーマにした代表作「沈黙」で知られる作家、遠藤周作の未発表だった小説が長崎市で見つかりました。

これは、長崎市の遠藤周作文学館が記者会見をして明らかにしました。それによりますと、小説は「影に対して」というタイトルで、遠藤家から文学館に寄託されたおよそ3万1000点の資料の中から見つかりました。

本人による草稿2枚と、秘書による清書原稿104枚があり、使用されている原稿用紙から、今から57年前の昭和38年3月以降に執筆されたとみられるということです。(NHK NEWS WEB)

附箋を剝がす(『いま見てはいけない』)

コロナ禍とはまったく関係なく、久しぶりにコンスタントに本を読んでいるので、久しぶりに「附箋を剝がす」。
その割には用例が偏っている。

ダフネ・デュ・モーリア『いま見てはいけない』(創元推理文庫、務台夏子訳)より。

長旅でひどく疲れていたはずなのに、ようやく眠りが訪れたのは二時をだいぶ回ってからだった。それまでわたしは、なんとなく寝つかれないまま、バルコニーの下の岩棚に打ち寄せる波の音に耳を傾けていた。(「真夜中になる前に」P110)

そして、二杯目のシャンパン・カクテルを飲んでいるうちに、上の寝室でのみじめな場面――青ざめ、顔をこわばらせたボブが、きみがちゃんと反応しないからだ、これはぼくのせいじゃない、と言っている姿は忘れ去られた。彼はいま、中東、アジア、インドの飢餓問題を語るミセス・フォスターに礼儀正しく賛同している。(「十字架の道」P275)

「どうも、ミス・ディーン」大佐が歩み寄ってきた。「バスの移動が長かったが、よく休まれましたかな? 夕食はたっぷり召しあがれそうですか?」(同、P277)


a-r抜けでないシリーズ。
1つ目は、寝つくことができない意で、今どきなら「寝つけない」とあってもよさそうなところ、「寝つく」に可能の「る」が付いている。
2つ目の「忘れ去られた」は受身ではない。可能と取れないことはないけれども、文脈を考えれば自発だろう。どういう場面かは…説明を割愛する。自身で読んで欲しい。
ここが「忘れ去れた」と言い換えられるかは少々微妙ではあるけれども、やや古風に感じられるのではないか。
なお、この「感じられる」は自発だけれども、「今時の若い者」なら「感じれる」というかもしれない。そういう意味では、ここで「忘れ去られた」をメモしておくのも意味なしとは言えないだろう。
3つ目は、休むことができた謂で、「休めましたかな?」とあってもおかしくないところ。可能の表現である。

ちなみに、古風云々とは書いたけれども、初版発行が2014年の書籍である。
務台さんの年齢は調べられなかったけれども、恐らく60前くらいの人なのではないかと思う。

『入門 平安文学の読み方』

当ブログの数少ない読者諸兄に告ぐ。
敢えて理由は言わない…いや、今回は言わずもがなだろうが、本書を強く推奨し、購入を懇請する。

保科恵『入門 平安文学の読み方』

入門 平安文学の読み方

以上。

いわゆる「ロックダウン」

3月23日に小池都知事がイベントの自粛の継続を求めた、というニュースで、発言自体がきちんと記載されたものは案外少なかったのだけれども、比較的長文で引用されていたFNNのニュースを元にこれを書く。

小池都知事「この3週間、オーバーシュート(感染者の爆発的増加)が発生するか否かの大変重要な分かれ目、分かれ道である。イベントの自粛について、引き続き、ご協力いただきますよう、強くお願いを申し上げます」

小池都知事「事態の今後の推移によりましては、都市の封鎖、いわゆる『ロックダウン』など、協力な措置をとらざるを得ない状況が出てくる可能性があります」


前から思っていたことだけれども、説明抜きには通じないカタカナ言葉を得意気に使うのは何とかならないものだろうか。
あちこちの記事を見たけれども、「オーバーシュート」を注釈抜きで報じているものは一つも見当たらなかった。
もちろんそれは当然で、注釈抜きではほとんどの人に意味が通じないからである。
「ロックダウン」についても、都知事が自分で「都市の封鎖」と言ってはいるけれども、該当の記事の見出しには「首都の封鎖あり得る」とある。つまり、「ロックダウンありうる」では読者に通じない、という判断があるということである。
街頭演説などで何となく聴衆の雰囲気を摑めば良いのであればともかく、記者会見で都民にお願いをするのに、こんなふわっとした雰囲気でしゃべるのはいかがなものか。
もしかしたらご本人にはふわっとした感覚はなくて、頭が良すぎるとこういうカタカナ言葉が誰にでもすんなり通じると思ってしまうだけなのかもしれないけれど…。

もう一つ、「都市の封鎖、いわゆる『ロックダウン』」は正しい言い方なのか。
「いわゆる」を『日本国語大辞典』で引くと、

世間一般にいわれている。また、一般にそうたとえられている。


とある。用例として、
「中に一つの剣有り。此れ所謂草薙剣なり。」(日本書紀、神代上)
「このおとどは、忠平の大臣の二郎君、御母、右大臣源能有の御女、いはゆる九条殿におはします。」(『大鏡』右大臣師輔)
などがあげられている。
『新訂大言海』には、

世ニ言ハルル。常ニ言フ。


とあり、用例は同じ書紀など。
もう一つ、『新明解国語辞典』を見ても、

世間で普通に言っている。俗に言う。


たとえば、「いわゆる「ら抜き言葉」」と言う場合、「見られる」を「見れる」と、「食べられる」を「食べれる」とするような現象が、一般に「ら抜き言葉」と言われている、ということである※。
言わずもがなだが、「いわゆる」の「ゆる」は上代の受身の助動詞「ゆ」の連体形に由来する。
が、「都市の封鎖、いわゆる『ロックダウン』」の場合、「世間一般にいわれて」いないし、「世ニ言」われていないし、「世間で普通に言」ってもいない。ほかの報道でも見出しは「首都の封鎖」「東京封鎖」などとなっていて、「ロックダウン」という言葉では、一般に、世に、世間に通じない、というのが報道各社の判断である。
どうしても「ロックダウン」という言葉が使いたいのであれば、「都市の封鎖、つまり『ロックダウン』」とか、もう少し文語調の言い方がしたいのなら「都市の封鎖、すなわち『ロックダウン』」とか、でなければならないだろう。
個人的には、「都市の封鎖」とだけ言われれば意味は判るのだが…。

附箋を剥がす(『大どろぼうホッツェンプロッツ』)

いまさら感はあるものの、否定と呼応しない「全然」の事例追加。

ちょっとした理由があって、プロイスラ―作・中村浩三訳『大どろぼうホッツェンプロッツ』を読み返して、これはまだメモしてなかったことに気づいたので記載。
ページ数はこの度読み返した1975年初版の偕成社文庫のものだけれども、元の単行本の発行は1966年。

「ついていけないって? ぜんぜん、かんたんなんだぜ。あしたの朝、ふたりで、はこをつんだまま車をおして、森にいくんだ。……」(P32)

「うん、それもそうだ。でも、変装用の服を、きゅうに、どこからもってくるんだい?」
ぜんぜんかんたん! ぼくがきみに、ぼくのぼうしをかしてさ、そのかわりに、ぼくが、きみのとんがりぼうしをかりるのさ!」(P45)