『フレディ氏と水星の悪魔』

ここ最近聴いている音楽…と言っても、さほど最近の音楽ではない。

「青森のカリスマ」と呼ばれ、2009年にアルバムを全国発売した後、翌年解散した Mr.Freddie & The Mercury devil のアルバム。
もっとも、その頃にはまったく知らず、HAL(The Mash)が弾き語りでカバーしているのを聴いて知った。ありがとう、HALさん。

Mr.Freddie & The Mercury devil『フレディ氏と水星の悪魔』

フレディ氏と水星の悪魔

バンド名の由来は、夢のお告げだったか何だったか、ありがちなものとも言えるけれども、音楽はまったくありがちではない。
ひと言、This is rock'n’roll! とだけ言っておく。
[ 2018/02/19 00:01 ] 音楽・映像 邦楽 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

『scapegoat』

ここ最近聴いている音楽。

経血『scapegoat』

scapegoat

多くを語ることは避けるけれども、ひと言、This is punk! とだけ言っておく。

[ 2018/02/18 23:59 ] 音楽・映像 邦楽 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

『ファースト』―今年聴いた音楽(その11)

「1996年日本製、最も見苦しいロックンロールバンド。」というのが、The Mashのキャッチコピーなのだけれども、ちっとも見苦しくはない。
むろん、キャッチコピーなんてインパクトがあって目立つことに意義があるのだから、実際見苦しくなくっても構わない。見苦しいどころか、むしろ最高に格好良い。まだまだ荒削りなところはあるように感じるけれども、それはそれで悪くない。
詳しいことはほとんど何も知らないのだけれども、格好良ければそんなことはどうだって良いのである。

The Mash『ファースト』

first
[ 2017/12/20 18:18 ] 音楽・映像 邦楽 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

『私からさようなら』―今年聴いた音楽(その7)

先日工藤ちゃんの『杉並にて』を取り上げた時に、収録曲の「天気がいい日は」のMVを貼っておいたのだけれども、ふと気づいたら、同じMVに収められている「ライフ」は収録曲ではないことに、今頃になって気が付いた。
それで、それが収められているミニアルバムも取り上げておくことにする。

工藤ちゃん『私からさようなら』

私からさようなら

(嘘でもいいから/ストロベリードリーム/バンドマンの女/ゴミじゃない/朝焼けと夢/ライフ/無題)

『杉並にて』が弾き語りなのに対して、こちらは主にバンド編成。
これも、今年後半、良く聴いたな。
[ 2017/11/24 23:53 ] 音楽・映像 邦楽 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

『THE FIGHTING MAN』―今年聴いた音楽(その6)

平成1桁年代の頃、たまにテレビにも出ていてちょっといいなと思っていたのだけれども、それ以上というわけでもなかった。
最近、何となく聴きたいと思っていたところで、とはいえ本格的にオリジナル・アルバムを揃えようというほどの意欲もない中、ちょうどある販売モールの期間限定ポイントが溜っていたので、安直にベスト・アルバムを購入した。

エレファントカシマシ『All Time Best Album THE FIGHTING MAN』

THE FIGHTING MAN


2枚組の1枚目が、ぼくが耳にしたことのある曲が集められていて、少し懐かしい気分に浸ったのだけれども、2枚目は、それ以降の時期のものが多いため、ほとんど聴いたことがなかった。
その中で、1曲、心に響いたものがある。森鷗外をテーマに歌った「歴史」。
渋江抽斎が出てくるロックンロールなんて、どう考えてもほかにはないだろう。「鷗外Yeah!」。
YouTubeにアップされていれば貼り付けたいと思ったのだけれども、あまりにもマニアック過ぎて見つけることができなかった。
代わりに、歌詞をリンクしておくことにしよう。

ぼくだけの感想だと思うけれども、全体的に、宮本浩次の美しい鼻濁音が意外だった。
[ 2017/11/21 23:09 ] 音楽・映像 邦楽 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

『良いか悪いかは別として(笑) 』―今年聴いた音楽(その4)

これも、今年良く聴いた。

ニューロティカ『良いか悪いかは別として(笑) 』

良いか悪いかは別として(笑)

八王子にある駄菓子屋「藤屋」の若旦那あっちゃん(イノウエアツシ)率いるニューロティカ結成33周年記念アルバム。
収録時間33分、それも最後に効果音を長々入れて時間を調整した結果である。価格は税込2967円で、3000円払うとお釣りが33円戻って来る。その上、「バンド33 歳の誕生日会」という意味不明のDVD(しかもCDより収録時間が長い)まで付いている。
かように33にこだわっているけれども、そもそも33周年なんて、ほとんど意味がない。少なくとも25周年以降、毎年**周年記念と言っているようだし…。
収録曲の中には「シングルバージョン」というのが3曲も入っているのだが、いや、シングル出してないだろう!
薄くなった髪が復活したのを機にパーマをあてようと思った気持ちを歌った「パーマネントをあてるんだ」が秀逸。

なお、発売後間もなく「決定版」というのが発売されて、ボーナス・トラックが8曲も入ってしかも安くなっているんだけど、まぁ、良いだろう、こっちで。
[ 2017/11/12 00:00 ] 音楽・映像 邦楽 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

『サイダー』―今年聴いた音楽(その3)

その1、その2に続いてマイナーついで。

ことさらにインディーズのバンドを探して聴いているわけでは全くないのだけれども、割に最近たまたま知って気に入ったもの。

純情マゼラン『サイダー』

サイダー

(サイダー/肺からラブ/恋はサイケデリック)

彼らはこれを1stEPと称しているようなのだが、「EP」というのは規格名だから、それは違うだろう、と思ってちょっと調べてみたところ…。
ずっとレコードのシングル盤のことを「EP」と言うのだと思っていたのだが、それが誤解で、シングル盤とEP盤は全然別のものだということを初めて知った。
ありがとう、純情マゼラン!

でも、これが「EP」じゃないことには変わりないけど。
[ 2017/11/11 23:45 ] 音楽・映像 邦楽 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

『杉並にて』―今年聴いた音楽(その2)

今年後半に限って言えば、これを一番聴いたのは間違いないと思う。

工藤ちゃん『杉並にて』

杉並にて

(ハロー/やめない/君のいる町/天気がいい日は)

到底売れているとは言えないし、格別に歌や演奏がうまいわけでもないのだけれども、不思議な雰囲気を醸し出していて心地良い。
強いて難を言えば、短かすぎて(シングルだから)物足りない気持ちが残ることか。
[ 2017/11/07 00:12 ] 音楽・映像 邦楽 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

松本隆

松本隆さんが紫綬褒章を受章「人生が尽きるまで歌を作り続けたい」

 政府は2017年秋の褒章受章者を2日付で発表した。受章者は775人(うち女性163人)と22団体で、3日に発令される。学問や芸術などで功績を残した人に贈られる紫綬褒章に作詞家の松本隆さん(68)、脚本家の三谷幸喜さん(56)、将棋棋士の森内俊之九段(47)、夫婦漫才コンビの宮川大助(68)・花子(63)らが受章した。

 松本さんは1970年代から日本語のロックを提唱し、数々のヒット曲を世に送り出してきた。

 「ルビーの指環」(寺尾聰)、「赤いスイートピー」(松田聖子)など約400組に2100曲以上の歌詞を提供し、シングル総売り上げ数は約5000万枚を誇る。このほど記者会見し、「人生の晩秋にこのような輝かしい光をあてていただきまして、深く感謝します」と笑顔を見せた。(スポーツ報知)


僕はいわゆる「聖子ちゃん世代」に該当する年代(オッサンをそう呼んで良いのかは判らないが)なのだけれども、松田聖子には別段思い入れがないので、後追いで聴いたはっぴいえんど周辺のものの方が馴染み深い。
ただ、「松本隆」をキー・ワードにアルバムを1枚選ぶとなると、やはりこれかな、と思う。

と、いうわけで、今日のBGM…にしよう。

太田裕美『心が風邪をひいた日』

心が風邪をひいた日

これに収められている「木綿のハンカチーフ」は、シングルとは違う、イントロにストリングスの入っていないややシンプルなヴァージョン。これが、良い。
[ 2017/11/02 09:25 ] 音楽・映像 邦楽 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

遠藤賢司

今朝見た訃報。

遠藤賢司さん死去 歌手、「カレーライス」

 「エンケン」の愛称で知られるシンガー・ソングライター、遠藤賢司(えんどう・けんじ)さんが25日、死去した。70歳。葬儀・告別式は近親者で営む。来年「音楽葬」を開く予定。

 茨城県出身。大学時代にボブ・ディランに傾倒し、歌とギターを学び、音楽の世界へ。昭和44年「ほんとだよ/猫が眠ってる」でレコードデビューし、47年「カレーライス」などのヒット曲を生んだ。(産経新聞)


特段の思い入れは、ないのだけれども…。
[ 2017/10/26 08:51 ] 音楽・映像 邦楽 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△