附箋を剥がす(その36)『銭形平次捕物控傑作選1』

野村胡堂『銭形平次捕物控傑作選1 金色の処女』(文春文庫)より。

「選」なのは少々残念だが、今でもこういうものが手に入るのはありがたい。
この本、丁寧に注が付いてはいるのだが、少々「?」な感がないではない。「老中」とか「南町奉行」とか「岡っ引」とか、銭形平次の読者には無用と思われるような注がある半面、かなりの知識を持っていなければ判らないようなことには触れられていなかったりする。そんなものも含めて…。

与力と岡っ引では、身分は霄壌の違いですが、何かしらこの二人には一脈相通ずる名人魂があったのです。(「金色の処女」P10)


「霄壌」は「てんち」。宛字には違いないけれども、なるほどな、と思う。

その平次が見限ったのですから、御薬園の塀の中の秘密は容易のことではありません。腹立ち紛れの弥造を拵えて、長い音羽の通りを、九丁目まで来ると、ハッと平次の足を止めたものがあります。(「金色の処女」P12)


「弥造」は、『新明解国語辞典』によれば、「弥蔵」を宛てて、「「ふところ手をして、 握りこぶしを乳のあたりで突き上げるようにしたかっこう」 の擬人化した古風な表現。 「—をきめ込む」」とある。
知らなくても何となく想像は付くだろうけれども、これは注があった方が親切だろう。

捕物の名人、銭形の平次と、その子分ガラッ八は、そんな無駄を言いながら、浜町河岸を両国の方へ歩いておりました。(お珊文身調べ、P34)


土地勘のない人には何の疑問も沸かないところだろうけれども、「浜町」は隅田川の西岸、「両国」は東岸にあるから、浜町河岸を歩いていても橋を渡らなければ両国には着かない…のが現在の地理なのだけれども、元々は、武蔵の国と下総の国を繋ぐ橋として架けられた両国橋の両岸を「両国」と称していたので、江戸時代の古地図には、西岸に「両国広小路」という記載がある。
Wikipediaによれば、元々は西岸が両国で、元禄(1688~1704)以降に東岸を「東両国」と呼ぶようになったという。
胡堂は同書に収められている「平次身の上話」の中で、平次を「元禄以前、寛文万治までさか上った時代の人」と書いている。
万治は1658~1561年、寛文は1661~1673年、どちらも元禄より前だから、この作品で「両国」といえば、隅田川西岸を指していることになる。
なお、無意味な揚げ足取り。
胡堂は「寛文万治」と書いているけれども、第1話「金色の処女」には将軍徳川家光が登場する。家光は1623~1651年に将軍職にあった。とすれば、平次は実際には「寛文万治」よりもっと以前から活躍していたことになる。
両国橋は万治2年に架けられているから、家光の頃には「両国」の地名はなかった。「金色の処女」と「お珊文身調べ」との間に8年以上の間があれば成り立つのだが…。
むろん、時代小説を読む時にそんなことを気にするのは野暮。寛永だろうが元禄だろうが、平次は変わらず31歳なのである。

「今日の行先を知っているだろうな」
「知りませんよ。いきなり親分が、サア行こう、サア行こう――て言うから跟いて来たんで、時分が時分だから、大方『百尺』でも奢ってくださるんでしょう」(お珊文身調べ、P35)


「百尺」というのは何かの食べ物か? と思って国語辞典の類を調べてみたが見当たらない。『日本国語大辞典』にも、「一尺の百倍。約三〇メートル。」とあるのみ。それもそのはず、「百尺」は店の名だった。
豊原国周の浮世絵に、「甚左衛門町百尺樓」というのがある。甚左衛門町は現在の人形町あたり。
こんな絵になっているくらいだから、高級な店なのだろう。ガラッ八は平次に、高級な料理を奢ってくれ、と軽口を叩いているのである。
こんなのは、注がなければ判らない。
余談だが、『日国』の「百尺」の項目には意味があるのだろうか。百尺が一尺の百倍なのは辞書を見るまでもない。「百尺の竿頭に一歩を進む」を説明するための項目だとしても、「百尺竿頭」も立項されているのだから、不要な気もする。

「やいやいこんな湯へ入られると思うか。風邪を引くじゃないか、馬鹿馬鹿しい。(「南蛮秘宝箋」P63)


「入られる」。現在なら「入れる」だな。

合間合間に風呂も焚かせられ、庭も掃かせられ、ボンヤリ突っ起っていると、使い走りもさせられる重宝な男です。(「南蛮秘宝箋」P75)


使役として現在なら「焚かされ」「掃かされ」だが、最後の「させられる」は何と言うだろう、と思ってメモしておいたのだが、改めて見てみると、可能のような気がする。

「黒助兄哥、済まねえが馬糧(まぐさ)の中を探さしたよ、――それから、相沢様、黒助には給金の残りもございましょう。五十両ばかり持たして、故郷へ帰してやっておくんなさいまし」
「――」
何という横着さ、半之丞が呆れて黙っていると、若い采女は手文庫の中から二十五両包を二つ出してポンと投りました。(「名馬罪あり」P131)


この「横着」の意味が判らなくて、辞書を引いた。
再び『新明解国語辞典』。
「仕事は積極的にしないで、 分け前だけは一人前に主張する様子 」。
「分け前」云々にはちょっと違和感もあるが…。それに、件の事例にもピンと来ない。
そういう時には『日本国語大辞典』を見てみる。
「①押しが強くずうずうしいこと。ずるいこと。また、そのさま。②怠けてすべきことをしないこと。また、そのさま」とあった。現在では専ら②の意味で使われていると思うけれども、平次のは①の意味ということ。

「どこへ行ったんだ」
「半刻(一時間)絶たないうちに帰ってくる、銅壺(どうこ)の湯を熱くしておけ――って」(「迷子札」P253)


「銅壺」が何だか判らなかったのだが、これは僕の知識不足。単純に銅で作った湯沸かしのこと。

『広辞苑 第七版』

広辞苑、誤り指摘の「LGBT」などを訂正 HPに掲載

 岩波書店は25日、10年ぶりに改訂した広辞苑第7版で語釈の誤りが指摘されていた「LGBT」と「しまなみ海道」について、新たな語釈を同社のホームページに掲載した。「訂正すべき項目はこの二つだけ」としている。

 LGBTは「広く、性的指向が異性愛でない人々や、性自認が誕生時に付与された性別と異なる人々」とした。発売済みの広辞苑には「多数派とは異なる性的指向をもつ人々」と記載され、「生まれた時の体の性別とは異なる生き方をするトランスジェンダーの説明になっていない」との指摘を受けていた。

 しまなみ海道は、実際には通らない周防大島を経由すると記載し、愛媛県今治市の「大島」と山口県南東部にある「周防大島」を間違えて載せていた。

 書店に並ぶ広辞苑について、同社は「重版のタイミングで正しい内容に切り替える」としている。(朝日新聞DIGITAL)


そもそも辞書に書かれていることがすべて正しいと考えること自体が間違っているので、辞書に何がしかの誤り(見解の相違も含め)が含まれいるのは当然である。まして改訂直後のものなら猶更。
ネットを含めて、鬼の首を取ったようにどこそこの記述が間違っている、という記事が散見する(我が家で購読している新聞でも)けれども、辞書の記述に誤りがあることは、そこまで非難されるべきものでもない。
辞書は教典ではないのだから、信奉するものではなく、間違いが判明したら、素直に反省して直せば良いので、岩波書店の「重版のタイミングで正しい内容に切り替える」というのは妥当な対応だろうと思う。

ただし、記事にある「訂正すべき項目はこの二つだけ」というのはいかがなものか。
岩波書店のホームページの「『広辞苑 第七版』読者の皆様へ」と題するページにはその記述は見当たらないが、もしどこかでそういうことを言っているのだとしたら、「現時点では」くらいの但し書きを付けておいた方が良いだろうと思う。別の間違いが見つかったら、その時にはまた直せば良いのだから…。

「蚊帳の外」

先日、CS放送で「吉田拓郎&かぐや姫 in つま恋2006」をやっていた。
過去にNHKで放映していたものをそのまま放送したもので、画面に表示されているNHKのロゴまでそのままだった。
長いので全部は見ておらず、最初のあたりの拓郎のステージを見たのだけれども、「ペニーレインでバーボン」を歌っていたのにちょっと驚いた。
驚いたのは、この曲は初期のアルバム『今はまだ人生を語らず』に収められている名曲なのだが、この曲があるお陰で、アルバムが廃盤になったまま再発されない、という謂れのある曲だからである。
まったくバカみたいな話なのだが、「テレビはいったい誰のためのもの/見ている者はいつもつんぼさじき」という歌詞が、問題なのだと言う。

それで、テレビで見た「ペニーレインでバーボン」である。どうするのかと思って見ていたところ、拓郎は、「見ている者はいつも蚊帳の外で」と歌っていた。
時代とともに歌詞が変わることはまったく否定しないし、今更拓郎に何かと戦ってもらいたいとも思っていない。それに、言い換えとしてはかなり巧みな部類に入るのではないかとも言えるのだけれども、何となく興醒めな気がしなかったわけでもない。

押っ取り刀

先週全国規模で執り行なわれた超巨大な試験の試験会場での出来事。
ある監督者の曰く、
「時間がタイトだからオットリガタナでやってたら間に合わねぇな」

…S教授、タイトだからこそ「オットリガタナ」で行動するよう願う。いや、それでも慎重に…。

『重箱の隅から読む名場面』

当ブログの数少ない読者諸兄に告ぐ。
敢えて理由は言わないが、本書を強く推奨し、購入を懇請する。

馬上駿兵『重箱の隅から読む名場面』

馬上駿兵『重箱の隅から読む名場面』

以上。

「学者・博士」

アンケートが選択式か記述式かでも事情は異なるのだけれども…。

男子がなりたい職業1位は「学者・博士」 第一生命調査

 男子が大人になったらなりたい職業1位は、学者か博士――第一生命が1月5日に発表したアンケート調査でそんな結果が出た。15年ぶりにトップに返り咲いた。

 学校以外でも理科実験を行う私学塾が登場するなどして、自ら探求したいと考える子どもが増えていると同社は分析。2014年から3年連続で日本人がノーベル賞を受賞しているトレンドも相まって、人気が上昇したという。

 17年には“天才物理学者”が主人公の「仮面ライダービルド」(テレビ朝日系列)も放送され、注目を集めていた。

 2位は野球選手、3位はサッカー選手と続いた。野球選手がサッカー選手を上回ったのは8年ぶり。女子では、1位が食べ物屋さん(21年連続)、2位が看護師さん、3位が保育園か幼稚園の先生だった。

 調査期間は17年7~9月。全国の未就学児と小学生(1~6年生)1100人から回答を得た。(ITmedia)


産経新聞の記事には「学者・博士になりたい男の子では「がんを完璧に治したい」「遊んでくれるロボットをつくりたい」と理系の科学者が注目を集めた。」とあって、それ自体は大変結構なことである。
が、ひとつ言っておくと、学者も博士も「職業」ではないのだが…。

「言い訳」と「説明」

ある物故した日本語学者が、生前良く待ち合わせに遅れて来たのだが、来るとその途端に、必ず何故遅れて来たか、という話を始める。
恩師が、彼は良く言い訳をする男だ、と言ったのに反論して曰く、
「自分のしているのは言い訳ではなく説明である。
言い訳と説明は違う。言い訳は自分のためにするもので、説明は他人のためにするものである。
相手は、きっと何故自分が遅れて来たのだろうと思っている。
自分は、その疑問を解消すべく、相手のために説明をしているのである。」
と。
非常に厳格で論理的な研究をしている方だったが、こんなことを大真面目な顔で「説明」するところに、大いなる人間味が溢れていた。

昨日のエントリを書いていて思い出した昔話。

附箋を剥がす(35)

毎日々々何だけれども、まだ続く、幸田文『ふるさと隅田川』(ちくま文庫)より。

方々の日傭とりに出て稼ぐのだが、そのをばさんはほかの日傭とりのをばさんたちと違つて、顔が陽に焼けていなくて白かつた。(「湿地」P128)


列叙接続の接続助詞「て」。

の漁を見に行くのである。東京から札幌・釧路・根室を経てノサップ岬を訪ね、北に進んで知床半島の漁場、羅臼といふ町へ行くのである。(「濡れた男」P149)


「しゃけ」はふつう、「鮭」を使うけれども、こんな字もあるんだな。

船がごめのそばを通ると、ごめはふはゝゝ浮いてゐるが、うす桃色の小さい脚がしきりに水を掻いてゐるのが透いて見えてゐる。かはいゝ。(「濡れた男」P160)


別に何ということもないのだけれども、「かはいゝ」という表記が何だか妙に可愛らしい感じがして、メモしておくことにした。SNSで使ったりしたら、存外流行るんじゃなかろうか。できれば句点付き「かはいゝ。」の形で。

さかなは暴れまへに食ひだめをしておいて安全な場処へ退避し、河水が気に入るやうに澄むのを待つて出て来る。だから暴れの最中とあとは釣れなくて、そのまへは釣れる。相当鉤の危険を経験してゐるはずの大魚でも、がめつて食はうとするのでついかゝつてしまふ。(「二百十日」P171)


「がめる」という動詞は知らなかったが、意味は、伝わって来る。

附箋を剥がす(34)

引き続き、幸田文『ふるさと隅田川』(ちくま文庫)より。

いまは専門にぞつき本を捌く処ができてゐるけれど、むかしはどうったのか。第一、いま云ふぞつきと同じ性質のものが同じ数量で、むかしもやはり出てゐたかどうか。本屋さんとは切つても切れない関係の、もの書きの子に育ちながら、気が働かないといふのはしかたがないもので、単行本にしろ雑誌にしろ古い本のことにしろ、まるで知らないで過ぎてきた。(「船内屋さん」P76)


「ぞっき本」ということばは、知らなかった。僕が学生の頃は、「B本」などと言っていた。今でいう「自由価格本」もその一種なのだろう。それらに比べて、そこはかとない風情がある。

こんなのもある。釣好きが夜釣をかけてゐると、河心を行く船があつて、艫には島田の女がすわつてゐるが、非常な美人なのでつい気を取られたら、不意にばたゝゝがしやゝゝとそこいらぢゆうが大騒ぎになつて、板子の下に活けてあつた魚はみな取られてしまつた、などといふたぐひである。(「あだな」P91)


再び、「河心」の例。

いままで何でもないことだつたものが急になぜだらうになつて、胸の途中にものが閊へたやうな気もちのまゝ、明けて行く河面を見てゐる新さんへ、なかまが集まつてきて乗合の楽しさが例の通りにひろげられて行つた。そしてやがて、おるいの「いつてらつしやいまし」に送られて乗りだして行つた。(「あだな」P99)


「『いつてらつしやいまし』という声に見送られて」あるいは「『いつてらつしやいまし』の声に見送られて」などというのがふつうの引用の仕方だろうが、そうではなくて、「『いつてらつしやいまし』見送られて」。文体の融合の事例。

けれどもおるいもさて新さんを呼んでみれば、さうしやきゝゝものを云つたのではなくて、やはり涙のはうが大部分で新さんをはらゝゝさせ、――自分がゐなくなつても何も心配なことはないが、たゞ夜のひきあげどきだけがなんとも気になつて、それを考へると死にたくないし、心配でゝゝどうしてみやうもない、ひとに頼んだつてそのことだけはどうにもならないけれどよろしく頼む、と云ふ。(「あだな」P103)


「夜のひきあげどき」ということばも、聞いたことがなかったのでメモしておいた。

おるいのことはおるいのことで、いつまでたつてもおるいのことなのだし、今日の生活は今日の生活だし、あとの人はあとの人だし、こぐらかるまいとしてゐた。(「あだな」P106)


これもあまり見たことがなかったので。’Tangled up in blue'~「ブルーにこぐらかって」…いや、これはさすがに「こんがらがって」の方が良いな。

彼はほんたうに、うちへ帰つてうちの飯を食つた。凶暴に食つた。鬱憤は吐きだされずに逆に胃へ押しこまれた。炊いたばかりの御飯はみんなになつて空のお櫃に茶碗と醤油さしが突つこまれて醤油はこぼれてゐた。工場へ半年行つて親を離れてゐたあひだに、彼の血はたぎることをおぼえ、人間がかはつたやうだつた。(「あだな」P117)


3点。
1.「みんなになる」。意味は容易に判るけれども、実例にお目に掛ったのは、あるいは初めてかもしれない。
2.たぶん僕以外誰も気になることのない箇所。「空のお櫃に茶碗と醤油さしが突つこまれ醤油はこぼれてゐた」…「て」の前後、ふつうなら条件接続で繋ぎたくなるところ、列叙接続が使われている。
3.「たぎることをおぼえ」の主語は「彼の血」なのだから、続く部分の主語も「彼の血」であるのがふつうなのだろうけれども、「人間がかはつたやうだつた」の主語は「彼」である。「彼の血はたぎることをおぼえ(た。彼は)人間がかはつたやうだつた」。それを1文で表現している叙述観点の転換の事例。

附箋を剥がす(33)

先日も取り上げた、幸田文『ふるさと隅田川』(ちくま文庫)より。

ちよつと見には水と闇は別ちがたく一帯に暗く、しかしよく見ると河心のあたりにはありとしもなく光が漂つてゐる。(「燈籠流し」P57)


「河心」ということばが目に付いたのでメモしておく。

水垢のついた古杭にならんで、新しい大小の塔婆が立てられ、枝つきのまゝの竹にはそまつな切子燈籠と樒が結ひつけられてゐる。(「せがき」P60)


「結びつけられて」ではなく「結ひつけられて」。語感が美しい。

水罰があたる」といういましめの言葉は、もうすっかり消えてしまったようである。私自身のことでいえば、今から五十年まえの、はたちの頃からきかなくなった。(「みずばち」P74)


「水罰(みずばち)」ということばは、確かに、聞いたことがない。が、魅力的なことばである。水を粗末にした時に言われる「おまえに水がこしらえられるか。」という叱りのことばも、趣深い。
ちなみに、この作品が発表されたのは1977年。その「五十年まえ」は、まだ昭和になったばかりの頃のことである。