fc2ブログ

山本コウタロー

「走れコウタロー」の歌手・山本コウタローさん、死去 73歳

 「走れコウタロー」などヒットで知られるシンガーソングライター・山本コウタローさんが今月4日、脳内出血のため死去した。73歳。15日、山本さんの公式サイトで発表された。(ORICON NEWS)



 「走れコウタロー」の世代ではないので、こちらを載せておく。

[ 2022/07/16 00:09 ] 音楽・映像 邦楽 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

附箋を剝がす―『海の史劇』『母の死』『シャーロック・ホームズの冒険』

吉村昭『海の史劇』(新潮文庫)

分隊長が、手にした赤旗を高くかかげて振った。それが合図で、平和恢復を祝う十九発の砲声がいんいんととどろいた。同時に、ポーツマス軍港に在泊中の船舶から汽笛がふき出し、教会からは鐘の音が流れ出た。(P551)


「いんいんと」。

中勘助『母の死』(角川文庫)

その文章の終りには
「私は名もなき花のことを思って眠られませんでした」
というようなことが書いてあった。(「郊外(その二)」P128)


「眠られない」。

コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの冒険』(新潮文庫。延原健訳)

そうさ、他殺という推定になっている。僕としては、実地にあたってよく調べたうえでないと、何とも断定は下されないがね。(「ボスコム谷の惨劇」P120)


「下されない」。

「みたようだ」

僕のような俄か漱石かぶれの似而非用例などではなく、生きたことばとしての「みたようだ」の用例。

出久根達郎『古本綺譚』(中公文庫)より。

下井さんがドイツ語を詠めるのに気づいたのはずっとあとになってで、ある時、大判の山岳書みたような洋書をかかえてきた。戦前の発刊で、皆目、私にはわからない。(「番号の向う」P65)

余を乗せし秘密自動車は、まっすぐ東京府巣鴨脳病院に入れり。余は下河辺斗志則でなくして。芦原正一郎なる。まったく聞いた事も見た事もなき人物に仕立てられたり。余は芦原正一郎なる精神病者なりき。余の病名は、精神分裂病。躁病。偏執病。淫乱症。空想性虚言症。妄想性痴呆症。変態性欲症。自己顕示症等々。精神病の百科事典みたようなり。(「狂聖・芦原将軍探索行」P208)



元々は1985年刊行。
まぁ、これも漱石オマージュなんだろうけど。

ジャック・ヒギンズ

ちょっと前のニュース。

英作家J・ヒギンズさんが死去 「鷲は舞い降りた」は映画化も

 【ロンドン共同】冒険小説「鷲は舞い降りた」で知られる英作家ジャック・ヒギンズ(本名ヘンリー・パターソン)さんが、英領チャネル諸島ジャージー島の自宅で死去した。英メディアが12日までに伝えた。92歳だった。死因など詳細は明らかになっていない。

 1929年、中部ニューカッスル生まれ。教師の傍ら著述を始め、生涯で85作品を発表した。ドイツ・ナチス部隊がチャーチル英首相の拉致を試みる「鷲は舞い降りた」(75年)は世界的ベストセラーとなり、映画化された。(KYODO)



鷲が舞い降りて、飛び立ったくらいしか知らないけれども…。

金峰山

大相撲春場所 幕下優勝は金峰山 7戦全勝 カザフスタン出身

大相撲春場所の幕下は、初土俵から3場所目となるカザフスタン出身の金峰山が7戦全勝で優勝しました。

春場所の幕下は、6戦全勝だった木瀬部屋の金峰山と、十両経験者で九重部屋の千代の海が対戦し、金峰山が押し出しで勝って全勝優勝を果たしました。

金峰山はカザフスタン出身の24歳。日本大学相撲部の出身で、おととしの全国学生選手権では個人戦でベスト4に入りました。(NHK)



このニュースを見て「金峰山」を「きんぷせん」と読んでしまったのは一種の職業病か?
(本当は「きんぽうざん」ですらなく、「きんぼうざん」らしい。)
[ 2022/03/30 14:51 ] スポーツ | コメント(0) | TB(0) |  TOP△